大森公園のバスケットゴール

東酒々井にある大森公園のバスケットゴールが、写真のようにボードが無くなり、ポールだけになっています。

なかなか修理されないけど、どうなっているのかと気になっていたので、まちづくり課に聞きに行きました。

すると、コロナ禍で、順大などでの活動が出来なくなった学生がここで練習をしていたり、その練習を見にギャラリーが集まってしまったなど、密な環境が生まれてしまったため、苦情があり、ボードを外したのだということでした。

コロナ禍で、遊具で遊ぶのが禁止されているところがあると聞いていたのですが、バスケットゴールも同じような理由だったのですね。

コロナ禍は、色々なところに影響があります。

早く収まって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です