2022年6月議会 酒々井町交流拠点施設げんき館の指定管理者の指定について(議案第8号)

2022年8月2日撮影 げんき館外観

議会での議決に関して

 酒々井町交流拠点施設げんき館について、利用者サービスの向上、施設の有効活用並びに管理運営費の削減等を図るため、指定管理者による運営の公募を行ったところ、株式会社グッドスタッフ1社から応募があり、酒々井町指定管 理者選定委員会での審査により、指定管理者として適正であるとの判定結果となりましたので、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、同社を指定管理者として指定することについて、議会の議決を求めるものです。

 今回最も悩んだ議案でした。

 教育民生常任委員会では反対しました。
 しかし、熟慮の末、本会議では賛成しました。

 委員会の説明では、道の駅などの指定管理事業を手がけている会社であり、野菜などの販売、健康に関するセミナーをするということでした。また今まで週一で行われていた相談事業を引き継ぐと言うことでしたが、相談に関する事業を得意とする企業ではありません。

 実際の事業内容が不明確であることから、委員会では反対しました。
 その後、改めて担当課の話を聞き、日常の活動として、ふらっと立ち寄れる居場所にするという話でした。また、他に申し込みが期待できないこと、施設を活用のために必要であることなどの意義を強調されました

 正直なところ、この建物は、狭く、使いにくい間取りであり、駐車場がなく、高齢者との他世代間交流を唄うも、階段があり、入り口も段差があるなど非常に使い勝手が悪く、どうしようもない建物であり、活用する以前の問題だと思っています。しかし、現に建てられてしまったものを放置するよりも、何かに使うべきだという趣旨は理解できます。その一方で、年に300万円近く経費がかかるのですから、役に立たない事業であれば止めるべきです。
 契約は3年更新のため、まずは実際に活動してもらい、その働きを確認すべきだと考えました。そのため、消極的賛成という意思を示しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。