12月議会一般質問「一般質問で、性的マイノリティーへの取り組みついてやパートナーシップ制度の導入について」

酒々井町議会の12月議会では、一般質問で、性的マイノリティーへの取り組みついてやパートナーシップ制度の導入について聞きました。


教職員の研修以外は、取り組みはほとんどされていないとの回答でしたが、一般質問では初めて扱われたとのことなので、やむを得ないのでしょう。
通達にもとづく保険証の通称表記や性別の裏面記載について、HPで周知してと言ったけど、どうなるかな。
しかし、マイナンバーカードに変わられてしまうと、逆行しちゃうのでなんだかなーです。


議会とは別に、色々話を聞いたところ、酒々井町でも上川あや世田谷区議会議員の講演会を15年くらい前にしたことがあるとのこと。
また、これをきっかけに、勉強をしてくれているとのこと。
質問のために、色々資料を渡して、思いを語った甲斐があったかな


ちなみに、僕が初めてLGBTのことを知ったのが、2015年の全青司関東ブロック研修会での上川区議の講演のあった分科会でした。
全青司で、LGBTの問題に非常に熱心に取り組んでいる方がいたので、引きずられていって、いつの間にか全青司のみならず、司法書士会が取り組むようになったんですよね。
彼には、今回の質問に先立ち、こっそりと資料があるか聞いて探してもらったので、それも参考としてお渡ししました。
持つべきものは、自分より熱心で詳しい友人ですね(^^)
自分も気がついたら、レインボープライドに参加したり、同性婚について結構調べたりしましたもの。
熱意がある人は、周りに良い影響を与えるので、自然と取り組んでいくんですよね。


その頃は、司法書士として、人権問題としての取り組んでいたのですが、まさか議員になって生かされるとは思ってなかったわ。
酒々井町でも取り組みを広げていきたいと思います。
少しずつ生きやすい世の中に変えてきたいですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です