著名人死亡の速報に「自殺とみられる」という記載が必要ですか?

noteにも書きましたが、こちらにも記載します。

https://note.com/shirai_norikuni/n/n0de44ca0e32d

今朝、俳優の竹内結子さんが死去されたというニュースが飛び込んできました。

俳優の竹内結子さんが死去|NHK 首都圏のニュース 数々のドラマや映画に出演していた人気俳優の竹内結子さんが亡くなりました。 40歳でした。 現場の状況から自殺とみられるとい www3.nhk.or.jp

これ以外にも多くの記事が出ていますが、多くの記事で「自殺とみられる」という記載がされています。

マスコミの方には、著名人の死亡の速報に「自殺とみられる」という記載が必要なのだろうかというところを少し考えていただきたいと思います。

速報における情報としては、「死去した」「自宅で遺体で見つかった」程度の事実だけを述べれば十分。それ以外の憶測や不確定な事実に基づく記載は避けるべきではないでしょうか。

報道による自殺への影響については以前から問題視されており、厚労省でもまとめページが作成されています。

メディア関係者の方へ メディア関係者の方向けの情報について紹介しています。 www.mhlw.go.jp

上記サイトにもありますが、WHOも自殺に関するガイドラインを出しています。
WHO「自殺対策を推進するためにメディア関係者に知ってもらいたい基礎知識(2017年版)」

画像1


これには、有名人の自殺を報道する際には、特に注意することとして
『有名人の死を報道する上で自殺の原因がすぐにはわからない場合は注意が必要である。有名人の死として考えられる原因を、メディアが不確かな情報に基づいて推測することで悪影響を及ぼす可能性がある。』
との記載があります。

また、厚労省も、「著名人の自殺に関する報道にあたってのお願い(令和2年9月14日)」を出しています。

画像2

「自殺リスクの高い人はメディアの自殺報道の後に模倣自殺を起こしてしまう危険性があること」
「有名人の自殺や、自らと重ね合わせやすい人(自身と同じ境遇の人など)の自殺は、その危険性が極めて高くなること」
「新型コロナウイルス感染症の影響で、健康面だけでなく生活面や仕事面でも不安を抱えている人が多い現状においては、さらに自殺報道の影響が大きくなることが懸念されること」

実際に、コロナ禍で自殺者が増えているという報道もあります。

自殺者、1849人の衝撃。女性自殺者の急増とホームレス化の背景https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f6afe4ac5b629afbe989006

自殺者、1849人の衝撃。女性自殺者の急増とホームレス化の背景 コロナによって真っ先に打撃を受けた観光業や飲食業を支えていた多くの非正規女性たち。なんの補償も受けられず、彼女たちの一部は www.huffingtonpost.jp

8月の自殺者数が1800人を超えたこと。前年同月と比較して240人増。男性は60人増えて1199人、女性は186人増えて650人ということだ

普段以上に、自殺報道が与える影響を考えて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です