コロナ禍による休校時における家庭内の食事の変化に関する調査

東京栄養疫学勉強会
「コロナ禍による休校時における家庭内の食事の変化に関する調査」ご協力のお願い

講師と受講生から:「コロナ禍による休校時における家庭内の食事の変化に関する調査」ご協力のお願い

コロナによる休校で、給食がなくなってしまった児童たちの食習慣、栄養素摂取量を、給食が再開された後のデータと比較することで、非常時にとるべき対策が見えてきます。

調査の必要性については、こちらのインタビュー記事が参考になります。

新型コロナの影響で給食のない子どもたち、栄養状態はだいじょうぶ?
佐々木敏教授(東京大学大学院医学系研究科)インタビュー

学校再開の忙しい時期ですが、多くの学校で、調査がされることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です