自衛隊が宇宙作戦隊を新設するらしい


“宇宙作戦隊” 18日に新設へ 人工衛星など監視 河野防衛相 NHK

「将来的には、要員を拡大することも考えなければならない。民間の知見や技術も借りていかなければならず、今後、しっかり協力態勢が組めるようにしていきたい」

日本スペースガード協会が運営している美星スペースガードセンターも、防衛省と連携することになるのかな。
昔、そういう構想があったけど、いつの間にか立ち消えになったと聞いたような覚えがある。

もし、防衛省と連携することになると、軍事上の機密となってしまい、世界と連係するためのデータ公開ができなくなってしまう恐れがあるんだよね。

宇宙デブリに関しては、日本単独の問題ではなく、世界中の問題なので、世界との情報連携が重要。

できれば、情報共有が可能な方向で進んでほしいなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です