「よむりっけん」新型コロナ対応が浮き彫りにする「保育・教育の格差と軽視」にどう向き合うか

「よむりっけん」
外出自粛で子育て層にのしかかる負担と不安──新型コロナ対応が浮き彫りにする「保育・教育の格差と軽視」にどう向き合うか
https://cdp-japan.jp/report/20200419_2855

・1日も登園していないのに保育料月額20万円を払う双子家庭──なぜ認可と認可外でここまで対応が違うのか

・休校中の学習、どうしたらいい? オンライン学習導入の地域間格差が保護者の不安を加速する

・妊娠後期に自転車通勤、出産後は親のサポートも得られない。産前産後の母親と子どもを守る施策を

など、生活者の視点に立った新型コロナ対策を訴えていいます。

是非お読みください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る