2020/2/19 酒々井町議会の全員協議会がありました

2/19は、酒々井町議会の全員協議会があり、3月定例議会に関する簡単な議案説明を受けました。

次年度予算案は、大枠のみなので、詳細はまだ分かりません。

また、6月議会から、庁舎耐震化工事に伴い、1年間議場が分庁舎に移転します。

以前の全員協議会の時に、議会中継のシステムを移転するか否かが議論されたのですが、1年という限定の期間であること、議事録はあるから中継が始まる以前に戻るだけだと言うこと、350万の予算がかかるということで、システムを移転しないことが決まっています。

今回の全員協議会で、記録を残るために、家庭用ビデオカメラを購入して、定点撮影を行うことに決まりました。
また、今までのようにちゃんとした動画・音声システムではないため、録画した動画、音声が公にする程度の質が担保されるならば、公開する方向でまとまりました。

さて、民主主義にとって、議会を動画中継することは、平日に議場に足を運んだり、議事録をしっかりと読むよりも、多くの人にとって、議会で行われていることを知るハードルが低くなります。
また、民主主義の過程を公開するという意味でも、大切なことだと思っています。

上記に上げた理由などで、システムの移転が出来ないことは非常に残念なことだと思います。

移転後の1年間に、不十分なりに動画を流すことになるのか、質が悪いために非公表になるのかわかりません。
いずれにせよ、SNSや議会便りの発行などを通じて、私なりに、議会で行われていることを伝えられるようにしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です