大室台小の朝読み

今月は、大室台小で、二回、朝読みをしてきました。

1枚目の写真が、1年生に読んだ本です。
・「えんふねにのって」
・「クマさんのドーナツ」
・「ありんこぐんだん わはははははは」

えんふねとドーナッツは、みんな口々にツッコミを入れてくれるので、読んでておもしろかったです。
ありんこぐんだんは、一人で読んでる分には楽しいけど、読み聞かせには向いてなかったかも。読み方が難しかったっす(–;

2枚目の写真が、6年生に読んだ本です。
・「にゃーご」
・「ねむれないの?ちいくまくん」

6年生は、小学校での最後の朝読みでした。

6年生は、静かに聞いてくれています。
読むために絵本ばかり見てしまい、みんなの表情を見る余裕がなかったため、楽しんでもらっているのか分からず。
暗記するくらい読み込んだ方が良いのかな〜とか思ったりもするが、記憶力ないのでムリです〜。
にゃーごは、4年生にやったのに続いてやりました。単に、好きだからです、はい。
ただ、家で読んでいたときは、2冊でだいたい15分だったのですが、2分ほど早く読み終わってしまいました。それだったら、「にゃーご」ではなく、別に用意していた「くまくまパン」にすれば良かったのかもとか思ったりしました。

自分が子どもの時には、保護者が絵本を読んでくれる時間なんて、聞いている方は、どう感じているのかな。
聞いてみたいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です