大学入学共通テストで国語・数学の記述式問題は、導入を中止すべき

共同会派を組む立憲民主党、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、社会民主党と共産党は14日、「独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案」(通称:記述式試験中止法案)を衆院に提出しました。

『立憲民主党ニュース』記述式試験中止法案を衆院に提出。「桜を見る会だけではなく、こちらを中止をすべき」と川内議員

公平・公正さを保てない受験制度を認めるわけにはいきません。
2020年度に始まる大学入学共通テストで国語・数学の記述式問題は、導入を中止すべきだと思います。

野党提出法案は、与党が審議に応じず店ざらしになりがちですが、これだけ問題点が山積しているのですから、与党はきちんと審議に応じるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です