クレサラ・生活再建問題被害者交流集会 in 埼玉

 昨日は、「クレサラ・生活再建問題被害者交流集会 in 埼玉」に参加しました。

 基調講演は、こころの相談担当 精神保健福祉士 苅田尚晴氏による、「暮らしとこころの総合相談会の存在」

埼玉では、「暮らしとこころの総合相談会」が開かれています。
 法律専門職による解決方法の提示だけではなく、いつでも、何度でも来て相談できる雰囲気のある相談所をつくることで、当事者のペースにあわせた問題解決が出来るという取り組み。
  法律専門職と精神保健福祉士が一緒に相談会を行うことで、生活がしづらい、行きづらい、要領よく世の中を渡りづらいという人たちの特性を理解した相談が行われる。すばらしい取り組みだと思います。

なるべく身近に、安心し、信頼して相談できる場所を作ることとの大切さを、改めて感じました。

会場には、ゆるきゃらの「さいたまっち」がいるほか、書籍の販売やバンド、各地の名産品の販売など様々な催し物も行われていました。

2019年11月4日追記

千葉司法書士会では、不定期ですが、司法書士と心理および精神保健福祉分野の専門家とが同席した、『「こころ」と「いのち」と「おかね」の相談会』があります。
https://chiba.shihoshoshikai.or.jp/info/detail.php?id=140

また千葉県でも、弁護士、精神保健福祉士、臨床心理士等の専門家が複数でお話を伺う、『暮らしとこころの相談会』があります。
こちらも不定期のようです。
https://www.pref.chiba.lg.jp/…/kurashitokokoronosoudank…

埼玉県の『暮らしとこころの総合相談会』は、千葉県と異なり、月2回木曜日開催の常設の相談会になります。
https://www.pref.saitama.lg.jp/…/kurasitokokoro.html

指摘があり始めて知ったのですが、東京司法書士会会の相談会は毎週水曜日の常設の相談会ですね。
さすがです。
https://www.tokyokai.jp/news/2018/07/post-243.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です