「普通」という言葉は余り使いたくないと思う

「普通」って何だろう、どうしたら「普通」になれるのかと悩んだ時期があった。

さんざん悩んだ結果、世の中に普遍的な普通など無く、各自の生い立ちや環境による経験や感覚が、「普通」という言葉で表されているだけと気がついた。

それ以降は、他人の言う普通は気にせず、嫌な自分や弱い自分もひっくるめて自分なのだと認めれば良いだけなんだと思うようにした。

そう思ったからは、生きるのが楽になった気がする。

このあたり、周囲との違和感を感じず、自分は普通だと信じている人にはわからないことかもしれない

でも、何が普通か悩む人にとって、「普通」という言葉で色々押しつけられるのは辛い。

あなたの当たり前は、私の当たり前では無い。
そういうことを、多くの人に理解して欲しいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です