自治体職員を増やさないといけないと思う

「役所の職員が来るのが遅い」のはなぜ?~自然災害が明らかにする人員不足(中村智彦 神戸国際大学経済学部教授)

この記事にあるように、削らされすぎてしまった自治体職員を増やさないといけないと思う。

今まで国が中心となり、また公務員バッシングもあり、自治体職員は、減らされ続けている。

自治体は、少ない人数を何とかやりくりして頑張ってやっているのだけど、なかなかその頑張りを評価して貰えない。
日常生活を支えているのは、地味だけど、自治体職員の適切で正確な業務なのだから、もっと評価しても良いと思うん。

特に、今は福祉の時代になっている。
福祉は、人手をかけるほどにサービスが充実する分野なのだから、昔より人が増えてもおかしくないのである。

最も現場に近いところを、臨時職員や外部嘱託にしてしまうと、一番大切な市民の声や現場感覚が継承されなくなってしまう。
それは将来の行政サービスの低下に直結するということも、もっと真剣に考える必要があると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です