消費税増税・軽減税率はやるべきではない

軽減税率制度導入まで2カ月 「複雑すぎる」の声

10月の消費税増税に合わせて軽減税率が導入される。

ところが、軽減税率は、「軽減」とあるために負担が軽くなるような印象があるが、実際には負担は減少しない制度である。

客観的に見れば、10%への消費税増税は
①一部品目が10%と増税になる
②他の品目は現状の8%のまま
というのが軽減税率の中身である。

結局何も軽減されていない。
「軽減」されたような気がするだけ。
単なる増税なのである。
名称だけ軽減税率というのはどうのか。

どんなメリットがあるというのだ。

単なる増税なのである。
名称だけ軽減税率というのはどうのか。

減るのは「負担感」であっても「負担」でないという、誤魔化しの政治。

結局のところ、負担感を減らすという印象を与えるだけのために導入された制度なので、現実に導入する大変さなんて何も考えられてない。

現場は混乱し、疲弊し、更に増税なので消費は冷え込む。
食品などは増税しないと強調したいのだろうが、結局生活のためには10%に増税された商品も購入せざるを得ない。または購入を諦めざるを得ない。

結局は、生活が苦しくなるから、消費が落ち込み、経済成長の足かせとなり、税収が減り、社会保障が減らされ生活が苦しくなると言う負のスパイラルに陥る。

名と実に齟齬がある誤魔化しの政治は、いい加減にしてもらいたい。

政治が、日本経済をどんどん停滞、衰退させる方向に向かっている現状、何とかしたいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です