「死ななくて良い、生きて良い」というメッセージを発していきたい

橋下徹氏、京アニ放火事件で青葉容疑者へ「一人で死んで欲しい。他人を犠牲にしていいのか?社会でこういうことは言い続けるべき」

自殺者が2万人もいる日本。
何故、命を絶たなければならないのか。
命を守るために、社会があり、国があるのだから、死なないでも良い、生きていてもいいとメッセージを出すことが大事だと思う。

「一人で死ぬべき」と言い放つことは、自殺させるか、自暴自棄人なり他人を巻き込む方向へ促すことになる。

誰かに相談することは、死にたくないとどこかで思っているから。
生きても良いのだと、伝えたい。

相談者に自殺をされると、かなりショックを受けます。
何が足りなかったのかと、何か出来なかったのかと、自己嫌悪。
また残された家族にも申し訳ない。

「死ぬべき」なんていえる気持ちが分からない。
そういう冷淡な社会を、生きやすい社会に変えていきたいね。

進路を高校1年で決める必要があるのかな?

「文系か理系か」早すぎる選択…受験科目に専念するため、大半が高1で決定

どうして、高校になってすぐに自分の進路を決めないといけないんだろう。

僕は大学受験するときに、物理学科を受けることは決めていたけど、他に中国文学か東洋史も受けようとしていたな。文系教科は総じてできは悪かったけど、単純にどっちも好きだったからね。

ちなみに、高校物理はつまらなかった。
暗記だけなんだもん。
図書館で借りて読んだ、ガモフ全集とか物理の散歩道とか楽しかったなぁ。

結局、浪人して物理学科に行くことになったのだが、東海大は他学科を好きに受けられたので、東洋史概論に、中国古代史、近世史、現代史、イスラム教についてなどなど、沢山勉強できて楽しかったな。モンゴル史もやりたかったけど、確か授業がなかった気がする。なので、本を紹介してもらって読んだな。

で、法律の勉強したことないのに司法試験を受けることにするという急な方針転換で、とりあえず大塚刑法を買って読んでみた。1冊読むのに1ヶ月かかったけど、おもしろかったな。法律の勉強も基本的に楽しかった。旧司法試験は残念ながら通らず。新司法試験が始まって、ロースクールに行く気がなかったので諦めて、司法書士になって、気がついたら町議会議員になって今に至る。

将来何になるかなんて、分からないよね。
世の中には楽しい学びがいくらでもあるのに。
選択肢がありすぎて困るくらいでしょ。
もっと自由な社会であれば良いのにね。

千葉市へのIRカジノ構想には大反対である

カジノ巡り賛否噴出 賛成派「もっとアクセルを」 反対派「住民不幸にする」 千葉市のIR構想

記事によれば
『カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致で、千葉市の検討レベルが1段階上がることになった。熊谷俊人市長はIR受け入れの判断を示していないが、同市は23日、民間事業者に情報提供を求めると発表』
とある。

IRカジノは、カジノで収益があることを前提に作られ、IR内で完結するように様々な施設が建設される。
従って、地元経済活性化にはほとんど寄与しない。

また、カジノに来る顧客の大半は日本人と想定されているため、本来は地元で消費されるはずだった資金をカジノで吸い上げられ、地元経済は地盤沈下していく。

更に、カジノ内で、収入要件による制限を受けない貸し付けも行われ、住宅や預貯金を含めた資産総額を考慮した貸し付けがなされるため、全財産を失う人も出る。
帰宅する資金もない人も出るだろう。
自殺する人も出るだろう。
ギャンブル依存症患者も増えるだろう。
儲かる人もいるが一握り。
損する人が多いからこそ、カジノ業者の利益が大きいのだから。

そして、汗水垂らして働くよりも一攫千金を目指した方が楽だという価値観の人が増えれば、日本の労働者人口は更に減少していく可能性がある。

更に言えば、適法なカジノを経験することで、カジノの楽しさを覚えた人が、身近な違法カジノに参加するため、違法カジノが今以上の活況を呈するおそれがある。

しかもこれだけのリスクを抱えたカジノ収益は、3割しか公益に用いられないため、利益の大部分は米国企業やその株主に分配される。

結局、IRカジノは、日本経済を緩慢な死に押しやる一つの要因となる可能性が高い。

そもそも、違法性阻却の要件すら満たしていない法律をゴリ押しする異常な政府は、日本に暮らしている人たちの利益よりも、カジノに参入する米国企業の利益を優先していることは明らか。

何故、IRカジノが地域経済の活性化になると信じている自治体が少なくないのか。
理解に苦しむ。

日本は食品の安全度を大幅に下げる改革を断行中

売上No1除草剤に発がん疑惑、禁止国増える中、日本は緩和

日本は食品の安全度を大幅に下げる改革を断行です。

グリホサートを有効成分とする農薬の残留基準引き上げ
  ↓
JA、グリホサートを有効成分とするラウンドアップを推奨販売。
米企業儲かる。
  ↓
2023年から「遺伝子組換えでない」の表示が厳しくなる食品表示基準の改正案 ←いまココ
  ↓
消費者が、遺伝子組み換えでない商品を選ぶことが難しくなる。
  ↓
企業は、安い遺伝子組み換え食品を使いやすくなる。
  ↓
健康被害が生じる可能性が高い農薬が残留しても、基準以下なので問題なく輸入できる
  ↓
除草剤を沢山使って楽に収穫できる、除草剤に強い遺伝子組み換え食品を日本に輸出。
米企業儲かる
  ↓
日本の人々に健康被害が生じる
  ↓
日本政府は、健康被害を認めず。
長い時間をかけた法廷闘争開始

という未来が見える。
人々の食の安全を守らず、米企業のもうけを優先させる日本政府に対して、批判する人が増えてくれれば良いと思います。