障がい者の対応で国会が変わることで、国も変わるかな?

れいわで当選した、脳性まひの木村英子さん、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の舩後彦さんの受け入れのために、国会は重い障害者を受け入れられるよう、運営見直しや施設改修が必要になるだろう。

そのために多額の費用がかかるとして、疑問提起する人も見られる。
また、障がい者に国会議員がつとまるのかという意見の人もいる

それは何故なのかと、社会全体で考えるべきだと思う。

今の社会は、障がいがないことを前提としているために、障害者であることが障壁(バリア)になる。

障がい者が何が出来るかと考えて、異議を唱える人もいるかもしれない。
でもそれは、障がい者は他の人よりも劣った存在だと偏見を持っているためだと思う。

障害者基本法があり、障がい者権利条約が批准された日本。
バリアフリー化すべきと言われているのだから、当然、障がい者に対する様々な障壁が取り払われることが求められる。
それがたまたま国会で必要になったというだけの話。

費用に関していれば、参議院の定数が増やされたために、2億近いお金をかけて参議院の議員会館の改修がされた。
そこに、費用がかかるからやめようということはなく、国は議員が活動できるように、粛々と対応を進めた。
障がいに関しても同じように、議員としての活動が出来るようにサポートがされるはず。

誰であっても、国民の代表なのだから。

また、どんなことが出来るか楽しみでもあります。

宇宙物理学者のスティーヴン・ホーキング博士が、若くしてALSと診断され、車いすの生活を余儀なくされました。普通なら挫けてしまってもおかしくない絶望の中にも研究を続け、76歳で亡くなるまで、宇宙に関する様々な理論を発表し、世の中に影響を与え続けました。

木村さんや舩後さんも困難な中で新しいチャレンジを始めました。

当事者ならではの指摘はもちろん、今までとは違った発想など、可能性はいろいろあると思います。 ホーキング博士の事例を考えれば、本当に可能性は無限大なんですよね。

また目に見えた活躍が出来なくても、そこに存在するだけで、国会内に何らかの影響を与えるはず。
それが一番大きいと思う。

日本も少しは変わるかもね。
楽しみです。

吉本興業社長 クビ発言は「和ませるため」・・・

吉本興業社長 クビ発言は「和ませるため」

( ゚д゚ )ポカーン

こんな言い訳が通るなら、どんな脅迫行為も場を和ませるためと誤魔化せてしまうね。

立場の弱いものに対しては力でねじ伏せようとし、問題が起こっても誤魔化せば良いと信じている社長が力を持っている日本社会。
多くの人が生き辛さを感じるのは当然なのかもしれません。

悪習を捨てて、誠実な人が報われる、まっとうな社会を作っていきたいですね。

怒りや憤りから、批判することは当たり前だよね

加藤浩次「会社のトップが責任をとれない会社って、機能しているのかな」

不祥事を隠そうとする。
トップが身を守るために、弱い物を切り捨てようとする。

そういう理不尽に対する、怒りや憤りが伝わってくる。

芸能ニュースだと、本音を出せる。
怒りをテレビでぶつけられる。
それは勇気あると賞賛される。

でも、日本には、部下が違法行為や不適切行為をしても、トップが全く責任を取らない組織ある。
日本政府の安倍晋三さんっていうんですけどね。

隠蔽、ねつ造、誤魔化し、利益誘導、トカゲのしっぽ切りは当たり前。
そういう理不尽がまかり通っている。

政府に対しても、怒り、憤りを感じ、不満をあらわにすることは当たり前に行われて良いはず。
ところが今の日本のマスコミの多くは、そういう当たり前のことをしなくなってしまった。

吉本の問題をきっかけに、もう一度考えてみませんか。
私たちの政府を批判することが、当たり前のことだと言うこと。

母子宅、男性市職員が1人で夜訪問 調査原因でうつ病に

朝日新聞に、上記タイトルの記事があった

母子宅、男性市職員が1人で夜訪問 調査原因でうつ病に

刑法犯の捜査でも、承諾を得て住居を捜索することは禁止されているのに(犯罪捜査規範108条)、どうして児童扶養手当の受給資格を確認のために、住居に立ち入って、タンスの衣類を確認できると思ったのだろう。

人権侵害に対する意識が希薄すぎだろう。

「国の事務処理マニュアルに従い、適正な調査だった」とあるけど、本当に、室内に立ち入って、タンスの衣類をスマホで撮るように書いてあるのだろうか。

それから、「同居の男性がいれば手当を受給できない」というのは、間違い。「事実上婚姻関係と同様の事情」が必要。
きちんと法の要件を調査する意図があったのか疑問に感じる。