白井のりくにの政策提言

子どもが幸せに育つまちへ

 子どもは幸せになるために生まれてきました。しかし、子どもは、一人では幸せをつかむことは出来ません。お腹いっぱい食べて、暖かい布団で眠れる、安心できる生活。病気の時に預けられる場所。子育てで悩んだときに保護者が相談できる場所。地域の住民の温かい見守りなど、世代を超えた繋がりが大切です。

 子どもがのびのび成長できる遊び場や自然環境の保全、子どもが食事をし、保護者が気兼ねなく過ごせる場所を設けたり、就学前教育の充実、道に面した危険ブロック壁の除去、通学路の安全確保、病児・病後児保育の充実など、保護者が安心して子育てができ、子どもが幸せに育つまちを目指します。

高齢者が暮らしやすいまちへ

 町全体では高齢化率は30%を超え、一部地域では二人に一人が高齢者(65歳以上)となっております。不安なく生活をしていただくための施策が広く求められております。

 気軽に買い物や病院に行けるようにふれ愛タクシーの増車、自宅で介護する家族の負担を軽減するための支援制度の充実、社会からの孤立を防ぐための見守りネットワークの構築に全力で取り組みます。

住民の意見が反映されるまちへ

 草の根民主主義を実現するために、みなさまから生活に密着した声を聞き、みなさまと共に解決方法を検討するための手段を確保する必要があります。

 住民と議員との対話はもちろん、町議会の実情を見てもらうための動画配信、町の現状や課題を伝える広報の充実、住民が政策に参加できる制度創出など、住民の意見がしっかりと反映するまちづくりを目指します。

安心して暮らせるまちへ

異常気象により過去に例を見ない豪雨が多発しており、馬橋地区の盛り土対策、中川の治水対策は待ったなしです。また大地震発生の確率が高まる中で家屋の耐震補強は万全でなければなりません。

防災メールの発信、地域の防災組織の整備なども含め、災害対策の立案遂行が全町一丸で進むよう、行政・議会・住民の協議機関を設置し、迅速な対応を目指します。

また防犯についても対策が必要です。PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)によれば、消費者被害の相談は、50代以降が半数を占めます。高齢化が進んだ現在、消費者被害対策は町全体の問題として取り組む必要があります。また、2020年4月に成人年齢引きが下げ行われ、消費者被害の拡大が懸念されています。そのため、消費者教育も重要になります。司法書士として消費者被害防止に取り組んできた経験を活かし、消費者相談窓口強化や法教育の充実を目指します。

宮本議員が資料請求をした日に、官僚が桜を見る会の招待名簿の破棄したことについて

今の官僚は、安倍総理を守るためなら、誠意も倫理もかなぐり捨てて、証拠隠滅に走ってしまう。

国家は総理の私物では無い。
安倍総理は、その地位にいる資格がないことは誰の目にも明らか。
責任を取らせて辞めさせる必要がある。

また、国会や、この国に住む人々をないがしろにし、総理への忠誠心だけで動いてしまう官僚も、その責任は軽いものではない。

夫婦別姓訴訟、立川支部判決について

「実際の不平等を見ていない」司法の壁に阻まれ 当事者ら失望隠せず 夫婦別姓訴訟

『夫婦同姓を定めた民法の規定を「合憲」と判断し、原告の損害賠償請求を退けた14日の東京地裁立川支部判決。別姓を選ぶことで受ける社会的差別の解消を訴えた当事者や支援者は、またも司法の壁に阻まれ、失望を隠さなかった。』

『立川支部判決は結婚した女性による旧姓の通称使用の拡大で「不利益の緩和が進んだと評価することも可能」とした。』

通称使用の拡大を、不利益の緩和と評価するのはどうだろう

通称使用が拡大しているのはその通りだろう。
また、酒々井町でも、9月議会で印鑑証明書に「旧氏」を記載できるように条例改正したように、公の文書でも、旧氏の表記を認めるようになってきている。

しかし、通称使用や旧氏の併記は小手先のテクニック程度に過ぎず、何ら解決に寄与していない。

個人の人格の象徴でもある氏を奪われることや、氏変更に伴い生じる社会的不利益が発生する原因が、婚姻による同姓を強いることであるということを無視してはいけない。

現状肯定では無く、少数者の人権を守ることが裁判所の使命。
裁判所は、根本からきちんと検討して欲しい。

教員の変形労働時間制導入には反対します

教員の変形労働時間制法案は「エンドレス勤務」法になる(その1)

この国会で大きな問題とされているのが、教師への変形労働時間制度の導入です。
今日の文科委員会でも議論されています。

悪用する企業が後を絶たない変形労働時間制度を導入してしまうと、今よりも更に労働環境が悪化することは間違いないと思います。

教師の負担を軽くするための業務改善を進めずに、現状を無理矢理合法化させようとする変形労働時間制度の導入はあり得ません。

大学入学共通テストで国語・数学の記述式問題は、導入を中止すべき

共同会派を組む立憲民主党、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、社会民主党と共産党は14日、「独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案」(通称:記述式試験中止法案)を衆院に提出しました。

『立憲民主党ニュース』記述式試験中止法案を衆院に提出。「桜を見る会だけではなく、こちらを中止をすべき」と川内議員

公平・公正さを保てない受験制度を認めるわけにはいきません。
2020年度に始まる大学入学共通テストで国語・数学の記述式問題は、導入を中止すべきだと思います。

野党提出法案は、与党が審議に応じず店ざらしになりがちですが、これだけ問題点が山積しているのですから、与党はきちんと審議に応じるべきです。

第2回いのちとくらしを守る税研集会

税制・税務行政・社会保障を分野ごとに学び、交流し、地域運動に活かしましょう!

※開催概要
[日程]2020年1月18日(土)、19日(日)の2日間
[会場]両日ともけんせつプラザ東京
 ※JR中央総武線「大久保駅」下車(地図は別紙参照)
[参加費]両日参加 3,000円、 1日のみの参加 2,000円
[主催]いのちとくらしを守る税研集会実行委員会

[詳細]
18日(土) 午後1時30分開会~午後6時終了予定
第1講演:消費税とは何か、日本経済に与える影響(仮称)
 講師:藤井聡京都大学大学院教授(元内閣官房参与)
第2講演:「税制改正大綱と2020年予算案」
 講師:東京税財政研究センター理事長 岡田俊明税理士

19日(日) 午前10時開会~午後2時30分終了予定
分科会でテーマごとに学習、討議、運動交流

詳細はこちら↓

第2回いのちとくらしを守る税研集会の呼びかけと開催案内、参加申込

FREE 高等教育無償化プロジェクト@首相官邸前

本日11/14(木)19:00~20:00@首相官邸前にて、高校生や大学生が中心になり、FREE 高等教育無償化プロジェクトの集会が開かれます。

高等教育無償化は、教育格差の観点から論じられることが多いのですが、実は、社会人になってから、または退職した後に学び直そうとする動きが活発になるという効果もあります。
日本では、大学は高校から入るものという固定観念があるのですが、国際的に見れば特異な事例に当たります。

いくつになっても、大学で最先端の研究に触れたり、新しい分野に挑戦する機会が増えるので、社会がより活性化していく。

高齢化社会を迎えた今こそ、より新しい挑戦が出来る環境を整えるという意味で、高等教育無償化の効果は大きいと思います。

多くの人に、FREE 高等教育無償化プロジェクトの取り組みに賛同していただきたいと思います。

FREE 高等教育無償化プロジェクトHP
https://www.free20180913.com/

シンポジウム「高等教育の無償化へ 今、何が必要か」・「高等教育の無償化をめざす関西学生の集い」のご案内

シンポジウム「高等教育の無償化へ 今、何が必要か」開催のご案内(兵庫・奨学金の会)

日時 11月9日(土)13時半~
会場 神戸市勤労会館403・4
資料代 500円(学生無料)

☆プログラム
講演「なぜ 高等教育の無償化か」
 講師:渡辺昭男 氏 神戸大学発達科学部 大学院教授
報告:「大学生の実態と提案」
 中野典 氏 FREE事務局長
 FREE について  https://www.free20180913.com/about-us
報告:「高等学校 現場では」
パネルディスカッション「高等教育の無償化へ、今、何が必要か」

共催 奨学金問題対策全国会議、兵庫・奨学金の会

*************************

シンポジウム終了後に、「高等教育の無償化をめざす関西学生の集い」があります。

「高等教育の無償化をめざす関西学生の集い」

日時 2019 年 11 月 9 日(土)午後 6 時~8 時
場所 神戸市勤労会館 404 号室
参加費 無料

来年 4 月から、低所得の家庭の収入を 3 段階に分けて授業料の国庫負担と給付型奨学金が実 施されることになりました。
この制度は「貧困層」に限定されているため、中間層の学生にはまったく適用されません。ま た、現在返済に苦しんでいる人たちへの救済処置は一切ありません。
しかし、高等教育無償化の扉が開いたのは事実です。これを契機に本格的な高等教育の無償化 や少なくとも学費の値下げの運動を大きく盛り上げる必要があります。
この問題を理解するために「兵庫奨学金の会」と「奨学金問題対策全国会議」の主催で 11 月 9 日にシンポジウムが開催されます。
このシンポジウムの報告者として招待された「FREE高等教育無償化プロジェクト」と関西で 奨学金問題と学生のアルバイト問題に取り組んできた「関西学生アルバイトユニオン」の呼びか けで、上記のシンポジウム終了後の午後 6 時から「高等教育の無償化をめざす関西学生の集い」 が開催されることになりました。

学費の値下げや高等教育の無償化に関心のある学生ならどなたでも参加できます。
関西地方で学生による高等教育の無償化に向けた運動ができないか、全国的なネットワーク ができないか、どんなことをしたらいいか、などを一緒に考えてみませんか。

呼びかけ
FREE 高等教育無償化プロジェクト
関西学生アルバイトユニオン

協賛
奨学金問題対策全国会議
奨学金問題と学費を考える兵庫の会

「普通」という言葉は余り使いたくないと思う

「普通」って何だろう、どうしたら「普通」になれるのかと悩んだ時期があった。

さんざん悩んだ結果、世の中に普遍的な普通など無く、各自の生い立ちや環境による経験や感覚が、「普通」という言葉で表されているだけと気がついた。

それ以降は、他人の言う普通は気にせず、嫌な自分や弱い自分もひっくるめて自分なのだと認めれば良いだけなんだと思うようにした。

そう思ったからは、生きるのが楽になった気がする。

このあたり、周囲との違和感を感じず、自分は普通だと信じている人にはわからないことかもしれない

でも、何が普通か悩む人にとって、「普通」という言葉で色々押しつけられるのは辛い。

あなたの当たり前は、私の当たり前では無い。
そういうことを、多くの人に理解して欲しいと思う。

シンポジウム 反貧困の地方財政 自己責任社会を地域から転換しよう!

クレサラ・生活再建問題被害者交流会in埼玉の分科会は「シンポジウム 反貧困の地方財政 自己責任社会を地域から転換しよう!」に参加しました。

講演は、埼玉大の高瑞正幸准教授の「自己責任社会を転換する地方財政戦略」

他国との比較で、日本は社会福祉という必要なところにお金を使わない貧弱な政策をしていると明らかにした上で、福祉は地方自治体の裁量が大きいところなので、地方が独自政策をすることで生活の必要を満たすことができるのではないかという提言がありました。

国からの財政支援が乏しい中で、地方独自で出来ることは少ないという考えもあると思いますが、少ない財源だからこそ、優先的に福祉に向けられるべきだと思います。
今回は、時間の関係で、税制について話せなかったと言うことですので、いつか地元にお招きをして勉強会をしたいと思います。

その後は、パネルディスカッションでした。
多様な話が出ましたが、個人的には、先日行われた講演会に議会のために出席できなかった、滑川町の給食費無償化の話が聞けたのが良かったです。
他にも、北本市議会議員の櫻井卓さんの話も参考になりました。

クレサラ・生活再建問題被害者交流集会 in 埼玉

 昨日は、「クレサラ・生活再建問題被害者交流集会 in 埼玉」に参加しました。

 基調講演は、こころの相談担当 精神保健福祉士 苅田尚晴氏による、「暮らしとこころの総合相談会の存在」

埼玉では、「暮らしとこころの総合相談会」が開かれています。
 法律専門職による解決方法の提示だけではなく、いつでも、何度でも来て相談できる雰囲気のある相談所をつくることで、当事者のペースにあわせた問題解決が出来るという取り組み。
  法律専門職と精神保健福祉士が一緒に相談会を行うことで、生活がしづらい、行きづらい、要領よく世の中を渡りづらいという人たちの特性を理解した相談が行われる。すばらしい取り組みだと思います。

なるべく身近に、安心し、信頼して相談できる場所を作ることとの大切さを、改めて感じました。

会場には、ゆるきゃらの「さいたまっち」がいるほか、書籍の販売やバンド、各地の名産品の販売など様々な催し物も行われていました。

2019年11月4日追記

千葉司法書士会では、不定期ですが、司法書士と心理および精神保健福祉分野の専門家とが同席した、『「こころ」と「いのち」と「おかね」の相談会』があります。
https://chiba.shihoshoshikai.or.jp/info/detail.php?id=140

また千葉県でも、弁護士、精神保健福祉士、臨床心理士等の専門家が複数でお話を伺う、『暮らしとこころの相談会』があります。
こちらも不定期のようです。
https://www.pref.chiba.lg.jp/…/kurashitokokoronosoudank…

埼玉県の『暮らしとこころの総合相談会』は、千葉県と異なり、月2回木曜日開催の常設の相談会になります。
https://www.pref.saitama.lg.jp/…/kurasitokokoro.html

指摘があり始めて知ったのですが、東京司法書士会会の相談会は毎週水曜日の常設の相談会ですね。
さすがです。
https://www.tokyokai.jp/news/2018/07/post-243.html