白井のりくにの政策提言

子どもが幸せに育つまちへ

 子どもは幸せになるために生まれてきました。しかし、子どもは、一人では幸せをつかむことは出来ません。お腹いっぱい食べて、暖かい布団で眠れる、安心できる生活。病気の時に預けられる場所。子育てで悩んだときに保護者が相談できる場所。地域の住民の温かい見守りなど、世代を超えた繋がりが大切です。

 子どもがのびのび成長できる遊び場や自然環境の保全、子どもが食事をし、保護者が気兼ねなく過ごせる場所を設けたり、就学前教育の充実、道に面した危険ブロック壁の除去、通学路の安全確保、病児・病後児保育の充実など、保護者が安心して子育てができ、子どもが幸せに育つまちを目指します。

高齢者が暮らしやすいまちへ

 町全体では高齢化率は30%を超え、一部地域では二人に一人が高齢者(65歳以上)となっております。不安なく生活をしていただくための施策が広く求められております。

 気軽に買い物や病院に行けるようにふれ愛タクシーの増車、自宅で介護する家族の負担を軽減するための支援制度の充実、社会からの孤立を防ぐための見守りネットワークの構築に全力で取り組みます。

住民の意見が反映されるまちへ

 草の根民主主義を実現するために、みなさまから生活に密着した声を聞き、みなさまと共に解決方法を検討するための手段を確保する必要があります。

 住民と議員との対話はもちろん、町議会の実情を見てもらうための動画配信、町の現状や課題を伝える広報の充実、住民が政策に参加できる制度創出など、住民の意見がしっかりと反映するまちづくりを目指します。

安心して暮らせるまちへ

異常気象により過去に例を見ない豪雨が多発しており、馬橋地区の盛り土対策、中川の治水対策は待ったなしです。また大地震発生の確率が高まる中で家屋の耐震補強は万全でなければなりません。

防災メールの発信、地域の防災組織の整備なども含め、災害対策の立案遂行が全町一丸で進むよう、行政・議会・住民の協議機関を設置し、迅速な対応を目指します。

また防犯についても対策が必要です。PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)によれば、消費者被害の相談は、50代以降が半数を占めます。高齢化が進んだ現在、消費者被害対策は町全体の問題として取り組む必要があります。また、2020年4月に成人年齢引きが下げ行われ、消費者被害の拡大が懸念されています。そのため、消費者教育も重要になります。司法書士として消費者被害防止に取り組んできた経験を活かし、消費者相談窓口強化や法教育の充実を目指します。

「首相への“ヤジで排除”」の異様さ

首相への“ヤジで排除”独自映像 再び声をあげる人たち 北海道札幌市(HBCニュース)

暴力的に排除しながら、
「何か買うよ?」「ウィンウィンの関係になりたい」
って気持ち悪すぎる。

利益を供与するから黙ってくれ。
それが私たち警察にとっても都合が良い。
ってこと?

安倍総理が気持ちよく演説できるように、不機嫌にならないように、が最優先。
そういう安倍総理という個人の感情のために、ないがしろにされる表現の自由。

憲法や法律ではなく、安倍総理個人の気持ちが全てに優先される今の日本。

腐敗した国家としか思えません。

以下は、記事より転載

「(道警に)他の人に迷惑がかかるからとか、演説を聞きたい人もいるからとか、そういう話をされた」(大杉雅栄さん)

「何の法律に違反しているかは全く説明がなかった。(道警は)『言論の自由はあるけれども、ここは通せない』と、わけのわからないやり取りをずっとやっていて」(大杉雅栄さん)

「(道警が)どこかに連れていこうとするが、連れていかれたときに何が起こるかわからないし。すごい怖かった」(女子大学生)

「どうしろっていうの?私に」(女子大学生)
「さっき約束してって言ったじゃん」(道警)
「何を?」(女子大学生)
「声あげないでくれよ~って」(道警)

「ウィンウィンの関係になりたい。ウィンウィンの関係に」「何か飲む?買うよ。お金あるから。何か飲まない?ジュース買ってあげる」(道警)
「何も信用できない、あなたたちのこと」(女子大学生)
「うちらも信用できないからさ。一緒についていくしかないの。大声出さないでほしいなっていうだけなんだよ?」(道警)

ただヤジを飛ばしただけで排除された人がいる一方、安倍総理を支持するプラカードを掲げた人たちは、排除されることはありませんでした。

「お願い、お願い、お願い…きょうはもう諦めて」「ジンジャーエールですか?ウーロン茶ですか?」「きょうはもう諦めて」「何飲みますか?」(道警)

「ヤジも言えないこんな世の中じゃ…」大杉さんらは10日、道警に抗議し説明を求めるデモをする予定です。

千葉13区市民連合 勉強会 市民のための経済政策を考える ~みんなが安心して生きられる社会をつくるために~

千葉13区市民連合 勉強会

市民のための経済政策を考える
~みんなが安心して生きられる社会をつくるために~

反緊縮派の旗手である経済学者・松尾 匡 さんをお招きし、お話を聞き、いろいろ質問し、みんなで考える集いです。

日時 9月8日(日) 午後1時30分より
  (開場は午後1時、終了は午後4時頃を予定)
場所 鎌ヶ谷市 北部公民館
  (273-0136 千葉県鎌ケ谷市佐津間631)
資料代 500 円
先着 150 名( 予約可 )

8月5日、13時半から「すべての幼児に『幼児教育・保育の無償化』適用を求める要請の集い」

少数者の人権、多様性を守るために、立憲民主党頑張ってます!

8月2日、立憲民主党の子ども・子育てPTが主催し、幼児教育無償化の対象外とされている朝鮮学校幼稚部や幼稚園類似施設関係者へのヒアリングを、東京・永田町の衆議院第1議員会館で行った。

8月5日、13時半から「すべての幼児に『幼児教育・保育の無償化』適用を求める要請の集い」が衆議院第二議員会館第8会議室(地下鉄有楽町線「永田町駅」 A1出口 下車5分)が開かれることになった。

当日は、 内閣府、厚生労働省、文科省へ要請書を伝達、朝鮮幼稚園保護者連絡会や日本幼稚園保護者協会代表、保護者らの発言、国会議員による省庁への質疑応答、記者会見が行われる予定だ。

9・1公正な税制を求める市民連絡会4周年集会

集会タイトル「自己責任社会を変える財政を求めて」
      ~少子高齢化社会からの問いかけ~

日時 2019年9月1日(日)
場所 主婦会館プラザエフ7階「カトレア」 四谷駅徒歩1分

 金融庁が、6月3日、老後に備え、夫婦2人で2000
万円程度の貯えが必要であるとの試算を示す報告
書を公表しました。政府は、全ての世代が安心でき
る「全世代型社会保障への転換」を推進する方針を
示していますが、老後に備え自分で2000万円もの
資産形成に励むことを求める「全世代型社会保障」
とは、どのようなものなのでしょうか。
少子高齢化社会が進み、財政難が強調され、
自己責任を求める声が強まる中で、私たちの生活を守る
ためには、社会保障や財政はどうあるべきなのでしょうか。
みなさんと一緒に考えたいと思います。是非、ご参加ください。

13:00~13:15 総会
13:20~    シンポジウム
1、当事者報告 保団連 中重治氏
        FREE(高等教育無償化プロジェクトメンバー)
 13:45~14:45(60分)
2、基調講演 「全世代型社会保障と自己責任社会を考える」
   講師   後藤道夫氏
   略歴 1947年福島県生まれ。一橋大学大学院単位取得。
   専攻は社会哲学・現代社会論。ここ十数年、現代日本の
   「構造改革」とその背景を中心に研究。
   都留文科大学名誉教授、他
(休憩15分)
15:00~16:30(90分)
3、パネルディスカッション
  パネラー
  後藤道夫氏(都留文科大学名誉教授)
  小野 浩氏氏(きょうされん常任理事・(社福)ウィズ町田理事長)
  明石順平氏(弁護士)
  杉谷剛氏氏 (東京新聞記者)
  宇都宮健児氏(公正な税制を求める市民連絡会共同代表)
  コーディネーター 竹信三恵子氏さん(ジャーナリスト・和光大学名誉教授)
4、公正な税制を求める市民連絡会の提言(15分)   猪股正(弁護士)

企画展「表現の不自由展・その後」の中止で責められるべきは、国であり自治体である。

表現の不自由展、中止に実行委が抗議「戦後最大の検閲」

中止を決めた津田大介さんへ、「表現の不自由展・その後」実行委員会から抗議の声があがっている。
他にもSNSなどでも、続けるべきだったという意見が多く見られる。

しかし、責めるべきは、国であり自治体であり、津田大介さんではない。
そこを間違えてはいけないと思う。

意見を言う人には、今の状況を何とかしたいという強い思いがあるのだと思う。
しかし、本人や職員、観客の命の危険のある中で、責任を果たせと迫ることは、酷だと思う。

表現の自由の保障とは、表現をしても不利益を受けないことまで保障されて、初めて自由が保障される。
不利益を甘受しろ、表現をするなら命の覚悟をしろというのでは、独裁国家での民衆と何も変わらない。

表現の自由を守るために、憲法があり、統治機構がある。
国が自治体が守ってくれるという信頼があるからこそ、安心して表現行為をすることが出来る。

国や自治体が表現者を守ってくれない場合には、国や自治体に表現行為を守れと抗議することが、状況を改善する力になる。

責めるべきは、国であり自治体である。
そこを間違えてはいけないと思う。

もし津田大介さんを責めてしまうと、これから表現をする人たちは、命を失う覚悟を求められるだろう。

特に、弱い立場の人たちは、叩かれるかもしれない全ての表現行為を控えてしまうおそれがある。

それでは、表現をしようとする人がいなくなってしまう。

それは実質的には表現の自由の保障がない国になったことを意味する。

津田大介さんを責めることは、表現の自由を守るためと言いながら、表現の自由を捨てることに繋がると思う。

繰り返すが、責めるべきは、国であり自治体であり、
津田大介さんを責めることは、避けるべきだと思う。

表現の自由の侵害が、海外からどう見られているのか考えてみませんか

慰安婦問題の少女像 きょうかぎりで芸術祭展示中止へ

表現の自由への侵害の事例がまた一つ・・・

「テロ予告や脅迫とも取れるような電話」があるなら、知事・市長は脅迫電話は止めるべきと明言し、警察がきちんと捜査すると公表し、展示が続けられるように努力すべきなのに。

少女像への反発で展示が中止になると言うことが、海外ではどう見られているかという視点をちゃんと持った方が良いと思う。

・日本は、また一歩独裁国家へ進んでいる
・女性への差別が全く解消されていない

そういう目で、日本は見られている。

日本の表現の自由について、国際的に問題視されていることは、表現の自由に関する国連の特別報告者デービッド・ケイ氏が、数ある世界の国々の中で、日本を訪れて、実態を調査し、報告せざるを得なかったことを考えてみれば、それは明らかだろう。

過去の歴史を修正しようと躍起になって、言葉の暴力で言論を封じ込めようとする姿が、今の日本の国益を害している。

日本は、国際協調主義を取り、中東やヨーロッパ、東南アジア諸国からの信頼を得て、経済的繁栄を気付くことが出来た。

ところが今の日本は、自国の感情を優先し、国際社会との対立を辞さないとの方針に転換しつつある。

冷静に、もう一度、日本の方針を確認すべきだと思う。

通信会社のキャリア決済にも補償制度を

「泣き寝入りするしか…」便利なキャリア決済、思わぬ”落とし穴” 大手3社、不正利用でも契約者に請求

商品やサービスの代金を、携帯電話の通信料金と合算して支払う「キャリア決済」(電話料金合算払い)の大きな問題があることがわかりました。

クレジットカードと異なり、盗難保障などがないため、不正利用されても、補償制度がありません。すべて

しかも、最近は「電話番号に直接送信ができるSMSでのフィッシング詐欺が多発している」そうです。

政府や事業者は、10月に予定されている消費税増税時のポイント還元も含め、キャッシュレス化を推進しています。

それならば、きちんと補償制度を確立して、消費者被害拡大を防止すべきであると思います。

消費税増税・軽減税率はやるべきではない

軽減税率制度導入まで2カ月 「複雑すぎる」の声

10月の消費税増税に合わせて軽減税率が導入される。

ところが、軽減税率は、「軽減」とあるために負担が軽くなるような印象があるが、実際には負担は減少しない制度である。

客観的に見れば、10%への消費税増税は
①一部品目が10%と増税になる
②他の品目は現状の8%のまま
というのが軽減税率の中身である。

結局何も軽減されていない。
「軽減」されたような気がするだけ。
単なる増税なのである。
名称だけ軽減税率というのはどうのか。

どんなメリットがあるというのだ。

単なる増税なのである。
名称だけ軽減税率というのはどうのか。

減るのは「負担感」であっても「負担」でないという、誤魔化しの政治。

結局のところ、負担感を減らすという印象を与えるだけのために導入された制度なので、現実に導入する大変さなんて何も考えられてない。

現場は混乱し、疲弊し、更に増税なので消費は冷え込む。
食品などは増税しないと強調したいのだろうが、結局生活のためには10%に増税された商品も購入せざるを得ない。または購入を諦めざるを得ない。

結局は、生活が苦しくなるから、消費が落ち込み、経済成長の足かせとなり、税収が減り、社会保障が減らされ生活が苦しくなると言う負のスパイラルに陥る。

名と実に齟齬がある誤魔化しの政治は、いい加減にしてもらいたい。

政治が、日本経済をどんどん停滞、衰退させる方向に向かっている現状、何とかしたいね。

本の購入

今日購入した本たちです〜

  • 教育と愛国: 誰が教室を窒息させるのか
  • 最高裁に告ぐ
  • AI vs. 教科書が読めない子どもたち
  • Newton別冊『ゼロからわかる人工知能』 (ニュートン別冊)
  • 資本主義が嫌いな人のための経済学
  • 『世界の教科書シリーズ25 フィンランドの中学校現代社会教科書 15歳 社会へのたびだち』
  • 刑務所しか居場所がない人たち : 学校では教えてくれない、障害と犯罪の話
  • ルポ 消えた子どもたち 虐待・監禁の深層に迫る (NHK出版新書)
  • 童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書)
  • 「反緊縮! 」宣言
  • 学校の「当たり前」をやめた。 ― 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革


読むのが楽しみ〜

と、そのまえに、溜まっているものを色々と片付けないとだわ(^^;

新人議員研修3日目

29日は、新人議員研修の3日目でした。
給食センター、こども課、教育委員会、上下水道課について、業務内容を聞き、各議員が質問をしました。

尾上浄水場の中も見学させてもらいました。

酒々井の井戸は、10本あるが、2本が仮で、8本が永久だとのこと。また、現在は利根川水系の水も混ぜているそうです。
八ツ場ダムが出来た後は、2本の仮井戸が使えなくなってしまうので、今まで以上に県から購入する必要が出てきます。
井戸は水量や地盤沈下の問題もあるだろうし、不意に枯れてしまった場合に対応できないというところもあるので、安定した水の供給という意味では、複数の水源があった方が良いのだろうが、必要量の確保という点から考えると、費用対効果の面でどうなのかなと思うところ。県で一律にやろうとするから、各自治体毎に違う結論になるのだろうけどね。
色々考えることが多いです。