社会的不利や健康・発達の問題が3、4歳で保育園・幼稚園等に通っていないことと関連 ―約4万人を対象とした全国調査の分析から

低所得、多子、外国籍など社会経済的に不利な家庭や、発達や健康の問題(早産、先天性疾患)を抱えた子どもが、保育園・幼稚園に通っていないことが多い傾向が明らかになったという研究結果が出ています。

社会的不利や健康・発達の問題が3、4歳で保育園・幼稚園等に通っていないことと関連 ―約4万人を対象とした全国調査の分析から―

https://www.kitasato.ac.jp/jp/news/20190327-01.html?fbclid=IwAR1PkTLnEls6KnktwhScy-iY-lw4eMyrhrkT-9I6D2CepuUWThBLvE1t7rs


質の高い幼児教育は、成人後の経済状況を改善する効果が高いと言われています。
社会的に不利な家庭は、幼児教育を受ける機会が少ないことで、更に将来的に経済的に不利益になる可能性が高いという悪循環。

貧困の連鎖の一反が、ここにも現れています。

誰もが質の高い幼児教育を受けられるようにすることは、急務です。
子育ては社会全体でするという考えを、もっと広めていきたいですね。

馬橋地区の盛り土崩落現場

先日、馬橋地区の盛り土崩落について話を聞き、現場を見てきた。

豪雨の際に盛り土が崩落して、暗渠をふさいでしまい、住宅地の間際まで水が迫った。
しかも鵜や鴨が住むようになったくらい、長期間水が引かず、水際の家の住民は、不安で仕方なかったという。
また、それは一回のみでは無く、別の時にも水が溜まったという。

この暗渠は、南酒々井駅の向こうのネオポリス団地などの雨水もながれるところなので、広い地域の問題のはずなのだが、あまり問題意識が広がっていないように感じた。

また、住民に対し、町から積極的な情報開示もないようだし、町がどういう対策を検討しているのかについても、住民は余り知らないようだった。
住民が町に言っても何も対処してもらえず、らちが明かないとして県に話をしにいったそうだが、町の後押しをするくらいしか出来ないという回答だったらしい。
その辺りの事実関係は確認が必要だが、町はもっと積極的に業者に関わりを持つ必要があるのではないだろうか。

他にも、盛り土崩落の影響で、道が曲がり、アスファルトに亀裂が入り、電柱が曲がるなどの被害がある。危険のため通行止めとなっているが、まったく対処されていないように見える。
また、遠くから見ただけだが、盛り土に亀裂があるように見える。安全性は大丈夫なのだろうか。

何も対処しないのか、何も出来ないのか、詳細が分からないのだが、放置していい問題でないことは確かだと思う。

住民の意見が反映されるまちへ

草の根民主主義を実現するために、みなさまから生活に密着した声を聞き、みなさまと共に解決方法を検討するための手段を確保する必要があります。

住民と議員との対話はもちろん、町議会の実情を見てもらうための動画配信、町の現状や課題を伝える広報の充実、住民が政策に参加できる制度創出など、住民の意見がしっかりと反映するまちづくりを目指します。

子どもが幸せに育つまちへ

子どもは幸せになるために生まれてきました。しかし、子どもは、一人では幸せをつかむことは出来ません。お腹いっぱい食べて、暖かい布団で眠れる、安心できる生活。病気の時に預けられる場所。子育てで悩んだときに保護者が相談できる場所。地域の住民の温かい見守りなど、世代を超えた繋がりが大切です。

子どもがのびのび成長できる遊び場や自然環境の保全、子どもが食事をし、保護者が気兼ねなく過ごせる場所を設けたり、就学前教育の充実、道に面した危険ブロック壁の除去、通学路の安全確保、病児・病後児保育の充実など、保護者が安心して子育てができ、子どもが幸せに育つまちを目指します。

また、子どもはなかなか自分で問題点を伝えることは出来ません。学校、役場、地域などが連携してアンテナを張り、小さな事から問題解決の糸口を見つけるような支援体制の構築を目指します。

高齢者が暮らしやすいまちへ

町全体では高齢化率は30%を超え、一部地域では二人に一人が高齢者(65歳以上)となっております。不安なく生活をしていただくための施策が広く求められております。

気軽に買い物や病院に行けるようにふれ愛タクシーの増車、自宅で介護する家族の負担を軽減するための支援制度の充実、社会からの孤立を防ぐための見守りネットワークの構築に全力で取り組みます。

安心して暮らせるまちへ

異常気象により過去に例を見ない豪雨が多発しており、馬橋地区の盛り土対策、中川の治水対策は待ったなしです。また大地震発生の確率が高まる中で家屋の耐震補強は万全でなければなりません。

防災メールの発信、地域の防災組織の整備なども含め、災害対策の立案遂行が全町一丸で進むよう、行政・議会・住民の協議機関を設置し、迅速な対応を目指します。

また防犯についても対策が必要です。PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)によれば、消費者被害の相談は、50代以降が半数を占めます。高齢化が進んだ現在、消費者被害対策は町全体の問題として取り組む必要があります。また、2020年4月に成人年齢引きが下げ行われ、消費者被害の拡大が懸念されています。そのため、消費者教育も重要になります。司法書士として消費者被害防止に取り組んできた経験を活かし、消費者相談窓口強化や法教育の充実を目指します。

活動報告:2019年2月3日(日)

酒々井町社会福祉協議会主催の、酒々井町地域福祉フォーラムに参加しました。

順天堂大学スポーツ健康科学部 准教授の松山毅先生の「“我が事・丸ごと”の地域づくり」をテーマにした基調講演に感銘を受けました。

私も、住民との協働による、誰もが安心して暮らせる地域づくりが重要だと考えていました。

本日の講演を新たな糧として、多くの人と共に、暮らしやすい酒々井町にしていきたいと思います。

活動報告:2019年1月26日(土)

立憲民主党千葉県連合 拡大幹事会及び総決起集会に参加しました。

蓮舫副代表や、県連代表の生方幸夫衆院議員、同幹事長の岡島一正衆院議員、宮川伸衆院議員、長浜博行参院議員が参加され、盛大な集まりになりました。

統一地方選挙に向けて、私を含めた公認候補予定者も登壇しました。

大勢の方を前に決意を新たにしました。頑張ります!

活動報告:2019年1月21日(月)

地元の大室台小学校のPTA奉仕活動に参加しました。

教職員だけでは手が回らない教室外側の窓ガラスの清掃を、他の保護者と共に綺麗にしました。

子ども達が気持ちよく学習できると良いですね!

活動報告:2019年1月18日(金)

大室台小学校で、商工会青年部有志がキャリア教育をしました。

6年生に対して、パワポ、動画、実演などを通して、それぞれ自分の職業について伝えました。

私は、司法書士の職業や、人権を守る使命などについて説明しました。

拙い説明でしたが、何か感じてくれた生徒がいると嬉しいな。