1/26(日)日本のどこにもカジノはいらない!カジノ反対運動全国交流・総決起集会(1/26、東京・四谷)

1/26(日)日本のどこにもカジノはいらない!カジノ反対運動全国交流・総決起集会(1/26、東京・四谷)

<日本のどこにもカジノはいらない!カジノ反対運動全国交流・総決起集会>
日時:2020年1月26日(日曜日) 午後1時15分~3時40分
場所:主婦会館プラザエフ (四谷駅下車)   
〒102-0085 東京都千代田区六番町15
    アクセス→http://plaza-f.or.jp/index2/access/
内容:基調報告
    記念講演
    全国各地からの活動報告
    集会宣言

案内→http://www.anti-casino.net/cgi/news.cgi
チラシ→http://www.anti-casino.net/data/item_goods/5dbd1e46_c01d.pdf

日本のどこにもカジノはいらない!1・26カジノ反対運動全国交流と総決起の集いへのご参加ご協力のお願い
全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会
 代表幹事 新里宏二
 事務局長 吉田哲也
 TEL 072-444-9931

 カジノ賭博場に反対する日本中のみなさん。
 全国各地でたたかっておられる仲間のみなさん。
 とりわけカジノ誘致を企む自治体地域で、カジノ反対の住民運動を地道にかつ果敢に取り組んでおられる皆さんに心より連帯と敬意を表します。
 2018年7月に国会でカジノ実施法が強行成立されて後は、とりわけ各地域での運動がより注目され、かつ活発になってきています。
 また新たに運動団体が設立された地域も見られます。
 当会は、こうした時期において、我が国においてよりいっそうカジノ賭博場誘致反対運動の気運を高めること、また、最もカジノ招致が危ぶまれている首都東京における反対運動の拠点づくりの一助にも位置づけたいと考え、東京都内で全国交流
集会を開催させていただく運びと致しました。
 首都圏各地の皆さんはもとより、全国各地のカジノ誘致反対に取り組んでおられる諸団体の皆様方、また報道マスコミ関係各位のこぞってのご参加を心より呼びかけます。

1/17(金)学習会「江東区にカジノはいらない‼」

1/17(金)学習会「江東区にカジノはいらない‼」

2020年1月17日(金)18時半開場 19時開始
会場:江東区文化センター 展示室
    東京メトロ東西線「東陽町」駅 
    1番出口より徒歩5分 江東区役所隣り
    アクセス https://www.kcf.or.jp/koto/access/
講師:鳥畑与一さん
静岡大学人文社会科学部教授(国際金融論担当)
テーマ:東京都のIRカジノ構想とその危険性
講師プロフィール:パチンコ・競輪・競馬に熱中し多重債務で苦しむ人たちの上限金利引き下げ運動、全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会の立ち上げに参加。2014年6月、日弁連主催の国会内集会で「カジノ解禁推進法」について報告、IR(統合型リゾート)に賭博場であるカジノを導入すると暮らしと経済がどのように破壊されるか、一貫して警鐘を鳴らしています。
主な著書 『略奪的金融の暴走』(学習の友社、2009年)、『カジノ幻想』(ベスト新書、2015年)

2020年7月に投開票予定の東京都知事選挙の焦点のひとつと目されている「カジノ問題」。
江東区青海地区が候補地の1つとされています。

ジノのどこが問題なのか、この分野の第一人者である鳥畑与一さんにお話を伺います。
奮ってご参加ください

資料代:500円 高校生以下は無料
共催:江東区政を考える会
    市民と政治をつなぐ江東市民連合
    臨海開発問題を考える都民連絡会
問合せ先:090-6034-0265(岡田)

立憲民主党の枝野幸男代表が、酒々井町に来ます!

立憲民主党の枝野幸男代表が、酒々井町に来ます!
日本の未来について、皆さんで考えませんか?
是非、ご参加ください。

■枝野幸男 立憲民主党代表 講演会「立憲民主党が目指す社会」

日時:1月19日(日)14:00~16:00(開場13:00)
場所:プリミエール酒々井「文化ホール」    
千葉県印旛郡酒々井町中央台3-4-1 ※JR酒々井駅より徒歩10分 アクセス
定員:350名 ※要申込(先着順・親子席あり)
参加費:無料

申込フォーム:https://form.run/@shisui
主催:みやかわ伸後援会 伸さんクラブ
共催:立憲民主党千葉県第13区総支部
チラシ:http://smiyakawa.com/images/200119.pdf

令和元年度人権ふれあい講座・酒々井町人権教育セミナー合同講演会

地域の豊かな人間関係づくり
「人権問題に閏する住民意識調査報告会」

報告 慶應義塾大学法学部政治学科 竹ノ下弘久教授
日時 12月5日(木)
受付 13:30
報告 14:00
グループワーク 15:00
質疑 15:45
終了 16:00
定員 100人(申込不要)

入場無料
手話通訳あり

人権とは、だれもが人間らしく生きる権利であり、人種、民族、性別、障害の有無などの違いにかかわらず、すべての人の共通の権利です。
町では平成30年度に「酒々井町人権問題に関する住民意識調査」を行いました。
調査結果がまとまりましたので、内容を報告させていただきます。今回の調査では、主に①同和問題 ②外国人 ③女性という3つのジャンルを選択して差別意識の実態を調査しました。
この報告会では、前半に調査結果の報告を行い、後半は参加者の皆様で「地域の豊かな人間関係」をテーマとしてグループワークをしていただきます。

12/7 みんなで子育て酒々井町クリスマスコンサート

※当日、酒々井町子育て支援センター あいあいは休館になります。

酒々井町では、子育て支援の一環として、妊婦の方や、小さなお子さん、おじいちゃん、おばあちゃんどなたでも参加できるコンサートを行います。

東京学館高校吹奏楽部OB・OGの演奏の他、歌や手遊びなどを予定しています。サンタさん、トナカイさん、井戸っこ(しすいちゃん)勝っタネ!くんも登場します。皆さんお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

【日時】 令和元年12月7日(土) 10時30分~11時50分 開場10時

【会場】 プリミエール酒々井文化ホール

【入場料】 無料

※駐車場は大変混み合いますので、徒歩や乗り合わせにご協力ください。

【申し込み・問い合わせ】
酒々井町子育て支援センター あいあい 043-290-9790
こども課 043-496-1171(内373)

みんなで子育て酒々井町 クリスマスコンサート

まるごとしすい展示

今、まるごとしすいには、酒々井小・大室台小の5年生が書いた酒々井町ベスト3が張り出されています。

子どもたちが、酒々井のどこが好きなのか、イラスト付きで書いてあります。
是非見に行ってください♪

まるごとしすいチラシ

興味のある方は、足を運んでみてください。
場所は、アウトレットの裏がわ、閉鎖したマルシェ横になります。

なお、販売は土日祝日のみです。

個人的には、この立地を活かすなら、アウトレットに来た子どもを預けて、ゆっくりお買い物が出来る託児所にするのが良いのではないかと思います。
実現可能かどうかは分かりませんが、何もしないでいると、赤字ばかり増えるだけで、何もメリットの無い建物になるの可能性が大きいと思います。

大学入学共通テストで国語・数学の記述式問題は、導入を中止すべき

共同会派を組む立憲民主党、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、社会民主党と共産党は14日、「独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案」(通称:記述式試験中止法案)を衆院に提出しました。

『立憲民主党ニュース』記述式試験中止法案を衆院に提出。「桜を見る会だけではなく、こちらを中止をすべき」と川内議員

公平・公正さを保てない受験制度を認めるわけにはいきません。
2020年度に始まる大学入学共通テストで国語・数学の記述式問題は、導入を中止すべきだと思います。

野党提出法案は、与党が審議に応じず店ざらしになりがちですが、これだけ問題点が山積しているのですから、与党はきちんと審議に応じるべきです。

第2回いのちとくらしを守る税研集会

税制・税務行政・社会保障を分野ごとに学び、交流し、地域運動に活かしましょう!

※開催概要
[日程]2020年1月18日(土)、19日(日)の2日間
[会場]両日ともけんせつプラザ東京
 ※JR中央総武線「大久保駅」下車(地図は別紙参照)
[参加費]両日参加 3,000円、 1日のみの参加 2,000円
[主催]いのちとくらしを守る税研集会実行委員会

[詳細]
18日(土) 午後1時30分開会~午後6時終了予定
第1講演:消費税とは何か、日本経済に与える影響(仮称)
 講師:藤井聡京都大学大学院教授(元内閣官房参与)
第2講演:「税制改正大綱と2020年予算案」
 講師:東京税財政研究センター理事長 岡田俊明税理士

19日(日) 午前10時開会~午後2時30分終了予定
分科会でテーマごとに学習、討議、運動交流

詳細はこちら↓

第2回いのちとくらしを守る税研集会の呼びかけと開催案内、参加申込