令和元年度人権ふれあい講座・酒々井町人権教育セミナー合同講演会

地域の豊かな人間関係づくり
「人権問題に閏する住民意識調査報告会」

報告 慶應義塾大学法学部政治学科 竹ノ下弘久教授
日時 12月5日(木)
受付 13:30
報告 14:00
グループワーク 15:00
質疑 15:45
終了 16:00
定員 100人(申込不要)

入場無料
手話通訳あり

人権とは、だれもが人間らしく生きる権利であり、人種、民族、性別、障害の有無などの違いにかかわらず、すべての人の共通の権利です。
町では平成30年度に「酒々井町人権問題に関する住民意識調査」を行いました。
調査結果がまとまりましたので、内容を報告させていただきます。今回の調査では、主に①同和問題 ②外国人 ③女性という3つのジャンルを選択して差別意識の実態を調査しました。
この報告会では、前半に調査結果の報告を行い、後半は参加者の皆様で「地域の豊かな人間関係」をテーマとしてグループワークをしていただきます。

12/7 みんなで子育て酒々井町クリスマスコンサート

※当日、酒々井町子育て支援センター あいあいは休館になります。

酒々井町では、子育て支援の一環として、妊婦の方や、小さなお子さん、おじいちゃん、おばあちゃんどなたでも参加できるコンサートを行います。

東京学館高校吹奏楽部OB・OGの演奏の他、歌や手遊びなどを予定しています。サンタさん、トナカイさん、井戸っこ(しすいちゃん)勝っタネ!くんも登場します。皆さんお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

【日時】 令和元年12月7日(土) 10時30分~11時50分 開場10時

【会場】 プリミエール酒々井文化ホール

【入場料】 無料

※駐車場は大変混み合いますので、徒歩や乗り合わせにご協力ください。

【申し込み・問い合わせ】
酒々井町子育て支援センター あいあい 043-290-9790
こども課 043-496-1171(内373)

みんなで子育て酒々井町 クリスマスコンサート

まるごとしすい展示

今、まるごとしすいには、酒々井小・大室台小の5年生が書いた酒々井町ベスト3が張り出されています。

子どもたちが、酒々井のどこが好きなのか、イラスト付きで書いてあります。
是非見に行ってください♪

まるごとしすいチラシ

興味のある方は、足を運んでみてください。
場所は、アウトレットの裏がわ、閉鎖したマルシェ横になります。

なお、販売は土日祝日のみです。

個人的には、この立地を活かすなら、アウトレットに来た子どもを預けて、ゆっくりお買い物が出来る託児所にするのが良いのではないかと思います。
実現可能かどうかは分かりませんが、何もしないでいると、赤字ばかり増えるだけで、何もメリットの無い建物になるの可能性が大きいと思います。

宮本議員が資料請求をした日に、官僚が桜を見る会の招待名簿の破棄したことについて

今の官僚は、安倍総理を守るためなら、誠意も倫理もかなぐり捨てて、証拠隠滅に走ってしまう。

国家は総理の私物では無い。
安倍総理は、その地位にいる資格がないことは誰の目にも明らか。
責任を取らせて辞めさせる必要がある。

また、国会や、この国に住む人々をないがしろにし、総理への忠誠心だけで動いてしまう官僚も、その責任は軽いものではない。

夫婦別姓訴訟、立川支部判決について

「実際の不平等を見ていない」司法の壁に阻まれ 当事者ら失望隠せず 夫婦別姓訴訟

『夫婦同姓を定めた民法の規定を「合憲」と判断し、原告の損害賠償請求を退けた14日の東京地裁立川支部判決。別姓を選ぶことで受ける社会的差別の解消を訴えた当事者や支援者は、またも司法の壁に阻まれ、失望を隠さなかった。』

『立川支部判決は結婚した女性による旧姓の通称使用の拡大で「不利益の緩和が進んだと評価することも可能」とした。』

通称使用の拡大を、不利益の緩和と評価するのはどうだろう

通称使用が拡大しているのはその通りだろう。
また、酒々井町でも、9月議会で印鑑証明書に「旧氏」を記載できるように条例改正したように、公の文書でも、旧氏の表記を認めるようになってきている。

しかし、通称使用や旧氏の併記は小手先のテクニック程度に過ぎず、何ら解決に寄与していない。

個人の人格の象徴でもある氏を奪われることや、氏変更に伴い生じる社会的不利益が発生する原因が、婚姻による同姓を強いることであるということを無視してはいけない。

現状肯定では無く、少数者の人権を守ることが裁判所の使命。
裁判所は、根本からきちんと検討して欲しい。

教員の変形労働時間制導入には反対します

教員の変形労働時間制法案は「エンドレス勤務」法になる(その1)

この国会で大きな問題とされているのが、教師への変形労働時間制度の導入です。
今日の文科委員会でも議論されています。

悪用する企業が後を絶たない変形労働時間制度を導入してしまうと、今よりも更に労働環境が悪化することは間違いないと思います。

教師の負担を軽くするための業務改善を進めずに、現状を無理矢理合法化させようとする変形労働時間制度の導入はあり得ません。

大学入学共通テストで国語・数学の記述式問題は、導入を中止すべき

共同会派を組む立憲民主党、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、社会民主党と共産党は14日、「独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案」(通称:記述式試験中止法案)を衆院に提出しました。

『立憲民主党ニュース』記述式試験中止法案を衆院に提出。「桜を見る会だけではなく、こちらを中止をすべき」と川内議員

公平・公正さを保てない受験制度を認めるわけにはいきません。
2020年度に始まる大学入学共通テストで国語・数学の記述式問題は、導入を中止すべきだと思います。

野党提出法案は、与党が審議に応じず店ざらしになりがちですが、これだけ問題点が山積しているのですから、与党はきちんと審議に応じるべきです。

第2回いのちとくらしを守る税研集会

税制・税務行政・社会保障を分野ごとに学び、交流し、地域運動に活かしましょう!

※開催概要
[日程]2020年1月18日(土)、19日(日)の2日間
[会場]両日ともけんせつプラザ東京
 ※JR中央総武線「大久保駅」下車(地図は別紙参照)
[参加費]両日参加 3,000円、 1日のみの参加 2,000円
[主催]いのちとくらしを守る税研集会実行委員会

[詳細]
18日(土) 午後1時30分開会~午後6時終了予定
第1講演:消費税とは何か、日本経済に与える影響(仮称)
 講師:藤井聡京都大学大学院教授(元内閣官房参与)
第2講演:「税制改正大綱と2020年予算案」
 講師:東京税財政研究センター理事長 岡田俊明税理士

19日(日) 午前10時開会~午後2時30分終了予定
分科会でテーマごとに学習、討議、運動交流

詳細はこちら↓

第2回いのちとくらしを守る税研集会の呼びかけと開催案内、参加申込

FREE 高等教育無償化プロジェクト@首相官邸前

本日11/14(木)19:00~20:00@首相官邸前にて、高校生や大学生が中心になり、FREE 高等教育無償化プロジェクトの集会が開かれます。

高等教育無償化は、教育格差の観点から論じられることが多いのですが、実は、社会人になってから、または退職した後に学び直そうとする動きが活発になるという効果もあります。
日本では、大学は高校から入るものという固定観念があるのですが、国際的に見れば特異な事例に当たります。

いくつになっても、大学で最先端の研究に触れたり、新しい分野に挑戦する機会が増えるので、社会がより活性化していく。

高齢化社会を迎えた今こそ、より新しい挑戦が出来る環境を整えるという意味で、高等教育無償化の効果は大きいと思います。

多くの人に、FREE 高等教育無償化プロジェクトの取り組みに賛同していただきたいと思います。

FREE 高等教育無償化プロジェクトHP
https://www.free20180913.com/